人気の転職サイト(登録無料)

隠された情報を読みといて患者さんと円滑な対話を

毎日の仕事の中で、患者さんと上手くコミュニケーションが取れないと感じることはありませんか?
こちらが心を開いて話そうとしても、患者さんがすべてを話してくれない時がありますよね。
本記事では、患者さんの隠している情報を読み取り、円滑なコミュニケーションを取るにはどのようにすべきかご紹介していきます。

医師に全てを話さない患者

普段の診療で、先生方は運動状況や食生活について患者さんに尋ねますよね。
しかし、その質問に正直に答えてくれる患者さんは果たしてどれ位いるのでしょうか。
米・Middlesex Community CollegeのAndrea G. Levy氏らがアメリカの成人4,510人を対象にオンライン調査を実施しました。

 

その結果、60~80%の人が臨床医に対して自身の健康上重要な情報の提供に協力的でないことが分かったのです。
60~80%の人ですので、かなり多い数と言えます。
この中でも特に、医師の指示に対して同意や理解が得られていない患者さんは、大事な情報を医師に伝えない傾向があったようです。

 

少しでも医師に知らされていない患者さんの情報があると、様々な弊害が出てきますよね。
患者さんが臨床医に自分の健康状態や考え方などを知らせることは、良好な医師-患者関係を築くことはもちろん、患者さんのケアに必要な要素を集めることにもなります。

 

正確な患者さんの情報が得られない場合、医師の決定や指示が有害になってしまうことさえあるのです。
そうは言ってもやはり、患者さんの立場を考慮した結果、医療分野では患者さんは嘘をつくものと長年考えられてきました。

 

がん患者の場合、鍼・灸や運動療法、マッサージ療法というような通常のがん治療を補う補完代替医療利用を医師に伝えない人が20~77%に上っています。
また、うつ病の患者の場合、薬物嫌悪による抑うつ症状を医師に伝えない人が多いことも報告されています。

 

しかし、患者さんたちが医師に伝えることを避ける情報の種類や理由は、今まで曖昧だったのです。
そこで今回の研究では、患者さんが医師に伝えることを避ける薬物使用、意見の違い、健康行動、指示への理解が出来ていないことなどを含めた7種類の情報と、恥ずかしさなど、何らかの事情で告知をしなかった理由について、アンケートを行っています。

 

2015年3月にAmazon's Mechanical Turk(Mturk)、同年11月にSurvey Sampling International (SSI)を用いて、オンライン調査を実施しました。
そのうち有効回答が得られたMturk群2,011人とSSI群2,499人の計4,510人のデータを解析した結果が以下の通りです。

 

参加者の平均年齢は、MTurk群が36±12.4歳、SSI群が61±7.59歳。
どちらの群も白人が80%前後を占めています。

 

このような条件の下で「1種類以上の情報を医師に伝えなかったことがある」と回答した割合はどうなったでしょうか。
結果はMTurk群が81.1%(1,630人)、SSI群が61.4%(1,535人)というものでした。種類別に見てみると「医師の指示に同意していない」(MTurk群45.7%、SSI群31.4%)「医師の指示を理解していない」(同31.8%、24.3%)が多かったようです。

 

医師に情報を伝えなかった理由

医師に情報を伝えなかった理由としては、「賢明な選択をしない人だという烙印を押されたくない」や「説教されたくない」が最も多く挙がりました〔MTurk群:81.8%(95%CI 79.8%~83.9%)、SSI群:64.1%(同 61.5%~66.7%)〕。

 

その次に「自分の行動が有害性だと言われたくない」〔同75.7%(同73.5%~78.0%)、61.1%(同58.5%~63.8%)〕や「恥ずかしい」〔同60.9%(同58.9%~62.9%)、49.9%(同47.8%~52.1%)〕が挙がっています。
どちらの群でも、健康状態が悪いと回答した人や女性、若年者は1種類以上の情報を医師に伝えない傾向が強く見られたようです。

 

自分が病院へ行った時の気持ちを考えれば分かるかもしれませんが、患者さんは不安を抱えていますし緊張もしています。
様々なことを考えた結果、医師にとって必要な情報を言えなくなってしまうことを理解してあげると良いですね。

 

隠された情報を読みといて円滑なコミュニケーションをとるには

患者さんの多くが、何かしらの情報を隠してしまっていることが分かりましたね。
円滑なコミュニケーションのためにも、診療を正しい方向性で進めていくためにも、患者さんに隠された情報を引き出す必要があります。
上手くいかない医師-患者の関係はどのようにして打破すれば良いのでしょうか。
それには、双方向のコミュニケーションがポイントとなります。

 

Levy氏らは、「今回の調査では多くの回答者が、医師の指示に理解や同意ができない時、重要な健康関連の情報を医師に伝えることを避けていた。このような情報を共有し、患者の癒しを促進する方法は何かをより深く考えることで、医師と患者の関係や患者のケアを改善できるはずである。」と結論付けているのです。

 

同氏らはまた、「患者が食事内容や服薬に関する情報を医師に伝えないでいる場合、特に慢性疾患の場合では健康に深刻な影響を及ぼす危険性が考えられる。」と指摘しています。

 

また共著者で米・University of UtahのAngela Fagerlin氏は、患者さんと個別インタビューを行った経験を踏まえ、以下のように考察を述べています。

 

「医療者のコミュニケーション方法によっては、患者が話すのを躊躇ってしまうこともある。そのため、双方向的なコミュニケーションを心がけるべきである。」

 

お互いの感情や意思を伝え合う

それでは、ここで言う「双方向のコミュニケーション」とは何でしょうか。
その名前の通り、双方向のコミュケーションとは、お互いの感情や意思を伝え合うことです。
「働きかけること」と「受け止めること」の両方が、ほどよいバランスで交替した時に、成り立ちます。

 

「働きかけること」または「受け止めること」のどちらかが偏ってしまう場合は、会話の一方通行が起こってしまうわけです。
そして、もう1つのポイントであるのが、「創造的なコミュニケーション」であることです。

 

創造的にというのは、マニュアルや指示に従ったやり方ではなく、自分なりに工夫・努力をしながら柔軟に行うということです。
自分の経験や知識を上手に生かし、ものごとに柔軟に対応して行けば良いでしょう。

 

人はそれぞれ違いますし、同じ人であっても、その折々で状況が変化する生き物ですよね。
その上でコミュニケーションは型にはまったものではなく、創造的にならざるをえないと言えます。

 

今までコミュニケーションの取り方を説明してきましたが、具体的にはどうしたら良いのでしょうか。
まずは、患者の考えや行動を認めて支持すると良いでしょう。

 

例としては、以下のような状況が考えられます。

患者:間食しないようにしていますが、なかなか体重が減りません。
医師:間食を我慢するのはとても大切ですよね。よく頑張っていますね。体重
が増えなくなりましたね。

 

次に患者の立場に立って理解するように努めることが大事になります。

患者:私は癌なのではないかと心配で。
医師:そうですか。癌が心配なのですね。
患者:ええ、こんなにどんどん悪くなるのは癌以外に考えられないと思います。
医師:なるほど、確かに経過が長くなっていますから、そのようにお感じになるのも無理ないでしょうね。

 

実際、このように医師に言われると、「自分の話を聞いてもらえる」「肯定してもらえる」と思う患者さんは多いでしょう。
最後に、自分では双方向のコミュニケーションを行っていると思っていても、そうでない場合があることを忘れないでください。

 

常に、患者さんがどのような反応をしているか、一方的になってしまっていないかに気を配ってください。

 

まとめ

今回は、患者さんの多くが何かしらの情報を医師に伝えないでいる現状と、それを打破する方法について詳しくご紹介しました。

 

大切なのは、双方向のコミュニケーションを心がける事です。
患者さん1人1人に合わせ、それぞれ適切に接していくことで、少しずつ患者さんが心を開いてくれるでしょう。
自分なりのコミュニケーションの取り方を模索し、患者さんと円滑で雰囲気の良いコミュニケーションを取れるようにしてみてください。

隠された情報を読みといて患者さんと円滑な対話を 医師転職サイトランキング

各サイトで非公開求人が違うので、2~3社の併用をオススメしています。
各サイト共に利用は完全無料、登録作業は1分で完了します。
ご登録は無料!1分で完了します。
「医師転職ドットコム」先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%

医師転職ドットコムのおすすめポイント

50,000名以上の医師が選んだ転職サイト。

求人数は業界最大級の39,480件以上。

平均年収アップ率146.6%を実現。

満足度94.7%と納得の対応とサポート。

業界最大級の求人数と非公開求人情報!
医師転職ドットコムは、医療従事者の人材紹介派遣を行なっている株式会社メディウェルが運営しているサイトです。高待遇・好条件の求人を多数掲載しており、医師求人掲載数No. 1を獲得しています。また、コンサルタントが親身になって話を聞いてくれるので、転職しない選択をする人もいます。利用者からの評判も良く、転職そのものを考え始めた人にお勧めです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 39480件 10000件 24年

非公開求人1万件以上!


ご登録は無料!1分で完了します。
「エムスリーキャリア」88.7%が年収アップに成功!

エムスリーキャリアのおすすめポイント

エムスリーキャリア限定の非公開求人。

転職した医師の満足度96.1%と高い評価。

業界最高水準の条件交渉力。

88.7%が年収アップに成功。

エムスリーキャリア限定で紹介できる非公開求人は必見!
エムスリーキャリアエージェントは、医療従事者向け紹介事業の人材紹介とメディア力を兼ね備えたエムスリーキャリアが運営しているサイトです。医師会員が約25万人で、転職希望医師の登録実績が10年連続No. 1を獲得するなど、転職を考えている医師の皆さんからの支持率が高いサイトです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20037件 多数あり 11年

限定非公開求人多数!


ご登録は無料!1分で完了します。
「マイナビDOCTOR」独占求人、非公開求人も紹介可能!

マイナビDOCTORのおすすめポイント

年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。

首都圏の求人数業界トップクラス。

独占求人、非公開求人も紹介可能。

産業医・クリニックの求人も充実。

プロのキャリアパートナーが、先生の転職・お仕事探しを徹底サポート!
マイナビDOCTORは、株式会社マイナビが提供する医師専門の求人紹介サービスです。この会社が運営している「マイナビ転職」は、転職サイトランキング2回連続総合1位に選ばれた実績を持っています。マイナビは、医師だけでなく、医療全般において多数のサービスを提供しており、国内トップレベルの取引実績があります。また、マイナビは一般企業向けの転職支援サービスも提供しているため、産業医の求人も紹介することができます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 5062件 17717件 47年

非公開求人も多数あります!


ご登録は無料!1分で完了します。
「リクルートドクターズキャリア」好条件の非公開求人1万件以上と多数!

リクルートドクターズキャリアのおすすめポイント

好条件の非公開求人1万件以上と多数。

常時2万件以上の求人情報を保有。

見学等の段取り、条件の交渉もお任せ。

医師転職をサポートして38年。医師の支持率83%!
リクルートドクターズキャリアは、医療系の転職支援や採用支援事業等を行なっているリクルートメディカルキャリアが運営しているサイトです。このサイトは、30年以上の実績をもっています。医師の皆さんで、このサイトを利用したいと答える人が全体の約83%もいるほど、信頼と実績で選ばれています。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 18739件 10000件 37年

簡単1分で登録完了!


ご登録は無料!1分で完了します。
「民間医局」全国に15拠点の安心サポート!

民間医局のおすすめポイント

全国に15拠点の安心サポート。

好条件の求人が多数。

当直なしの常勤求人が多数。

検診の求人情報も多数。

転職が初めての人にも、丁寧なサポートを!
民間医局は、1997年に創業、医師人材紹介企業の老舗として、転職から非常勤まで多くの先生の就職活動を支援しています。そして、皆さん一人一人の希望に合わせた「エージェントからの求人提案」を最大の特徴としているサイトです。全国に15拠点あり、このサイトに登録すると、必ずお会いしての面談があります。これがあることによって、お互いの信頼も深まり、より良い転職活動を行うことができます。転職が初めての人にも、安心できる丁寧なサポートを行なってくれます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20876件 多数あり 20年

ドクターズマガジンを無料でお届け!


≫医師転職ドットコムだけは面倒でもご登録を!(無料)


非公開求人1万件以上!

厚生労働大臣許可番号 01-ユ-010052

人気のコンテンツ

医師が転職成功するための秘訣とは?
転職サイトに登録すると、必ずコンサルタントがつきます。適切なタイミングで転職をしたいと考えているのであれば・・・

なぜ、医師の転職サイトは複数登録が必要なの?
転職サイトはたくさんあり、どれに登録すれば良いか迷ってしまいまが、決して一つに絞れば良いというわけではなく・・・

医師の転職サイト選び方のコツとは?
それぞれのサイトに強みがあります。アルバイト求人で有名だったり、非公開の好条件求人で有名であったり・・・

関連ページ

「医師の転職サイト」とは?先生の志を全うするために
転職には失敗したくない!医師の転職失敗例と対策
私失敗しないので!医師の転職を成功させるためには
医師転職の裏技!非公開求人でワンランク上の転職を
女性医師のための転職ガイド
女医のキャリア、結婚、出産、子育てと両立するには?
女性医師のための結婚ガイド!忙しくても美を保つ方法
女性医師の転職!保健所で働くという選択について
診療科 忙しさ ランキング|医師 QOLの高い科
専門医未取得でも転職は可能?
美容外科医という選択について
働き方改革が進む今だからこそ、産業医という選択を
医師の新しい働き方を可能にする病理医!勤務内容とは?
塀の中のお医者さんとは?矯正医官について
法医学者の仕事内容とその特徴について
医師の海外派遣~国境なき医師団について~
転職先にぴったり?麻酔科医として働くということ
臨床の限界を突破したい!~臨床医から研究医へ~
医師のアルバイトをご紹介!副業で収入アップ!
フリーランスドクターのメリットとデメリット
最近はフリーランス医が人気?~仕事内容と転職方法~
女性フリーランス医という選択肢について
医師の休暇事情について
今の医学生に人気の診療科と医師不足が深刻な診療科
インフルエンザの最新治療の特効薬「ゾフルーザ」
インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」の効果を徹底解説!
救急車たらい回し問題について
実はあまり知られていない!病理医の仕事について