人気の転職サイト(登録無料)

インフルエンザの最新治療の特効薬「ゾフルーザ」

毎年冬に猛威を振るうインフルエンザ。
いくら手洗いやうがいを徹底していても、小児や高齢者だけではなく成人にも感染し、時には集団感染を引き起こす恐ろしいウイルスとして有名ですよね。
そんなインフルエンザウイルスに対して、このたび「ゾフルーザ」という全く新しい治療薬が登場しました。
今回は、そんなゾフルーザについてのお話です。

いままでのインフルエンザ治療薬と、ゾフルーザの違い

毎冬、インフルエンザの患者は、多くの外来や時には救急外来を受診します。
医師の皆様自身も一度は罹患した事があるのではないでしょうか。

 

これまで、インフルエンザの治療薬と言えばタミフルやリレンザなどが処方されていましたが、今回、新しい治療薬として登場したのがゾフルーザなのです。
ゾフルーザは、インフルエンザの新しい治療薬として、医療界だけでなく一般メディアでもたびたび取り上げられている為、世の中の関心が高まっていますよね。
では早速、従来のインフルエンザ治療薬とどのような点で違うのか、ご説明していきましょう。

 

インフルエンザウイルスについて

まずは、インフルエンザウイルス自体の説明をします。
インフルエンザウイルスはオルソミクソウイルス科に属する1本鎖RNAウイルスです。
これはA型インフルエンザやB型インフルエンザといったタイプによらず共通の特徴です。
ウイルス内部に存在する蛋白の抗原性の違いから、インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3型に分類されるのです。

 

A型とB型のインフルエンザウイルスの表面のエンベロープには、HA(赤血球凝集素)とNA(ノイラミニダーゼ)の2種類の糖蛋白が存在します。
HAはウイルスが宿主細胞に吸着・侵入する為に必要なインフルエンザウイルスがもつ糖蛋白です。
NAは増殖したウイルスが細胞外に遊離するために必要なインフルエンザウイルスがもつ糖蛋白です。

 

以上のインフルエンザウイルスの特徴を踏まえて、従来のインフルエンザ治療薬、抗インフルエンザ薬についてみていきましょう。

 

従来のインフルエンザ治療薬、抗インフルエンザ薬
インフルエンザウイルスに感染した細胞から新たにウイルスが放出されるのを防ぐ

インフルエンザウイルスは、HAによりウイルスが宿主細胞膜と膜融合を起こし、吸着・侵入します。
M2蛋白によって、脱殻が起こり、ウイルスゲノムが細胞内へ送り込まれ、RNAポリメラーゼの働きにより、ウイルスゲノムの複製、蛋白の合成が行われます。
そして、ウイルスゲノムや各種蛋白が再集合し、ウイルス粒子となり、NAの働きにより、細胞外にウイルスが放出されるのです。

 

このようなインフルエンザの増殖過程のうち、リレンザやタミフルはノイラミニダーゼ阻害薬とよばれ、NAの働きを阻害し、インフルエンザウイルスに感染した細胞から新たにウイルスが放出されるのを防ぐ働きをします。

 

タミフルは経口投与でリレンザは吸入投与と、投与方法は違いますが、ノイラミニダーゼ阻害薬である事は共通であり、その機能もまた、共通しています。
ノイラミニダーゼ阻害薬には、他にも吸入タイプのイナビルや静注タイプのラピアクタなどが現在存在しています。

 

また、ノイラミニダーゼ阻害薬以外にも、M2蛋白阻害薬であるシンメトレルも知られています。
これは、A型インフルエンザウイルスが持つ、M2蛋白に作用し、ウイルスの脱殻を阻害するという働きがあります。
この抗ウイルス薬はA型のみに有効で、B型インフルエンザウイルスには効果がありません。

 

このように、今までも複数のインフルエンザ治療薬である抗インフルエンザ薬が多数で回っておりました。
今までは、これらの薬を患者に合わせて使用していました。

 

ゾフルーザのインフルエンザウイルスに作用する仕組み

そして2018年、新たに登場したのがゾフルーザです。
ゾフルーザはどのような仕組みでインフルエンザウイルスに作用するのでしょうか。
従来の治療薬とは何か違いがあるのでしょうか。

 

ゾフルーザは細胞内での増殖を抑える

タミフルやリレンザなどは先ほど解説したようにインフルエンザウイルスが細胞外に出る事を防ぐ薬であったのに対し、ゾフルーザは細胞内での増殖を抑えるという作用があります。
これが従来のインフルエンザ治療薬とゾフルーザとの大きな違いです。

 

ゾフルーザの服用は、たった一回

また、タミフルは1日2回、5日間服用する必要がありますが、ゾフルーザの服用は、たった一回で済みます。
経口投与で済むのもポイントです。
ゾフルーザでは、薬を飲むという患者の負担も最小限に抑えられます。
薬を飲むのが苦手な方にも処方しやすいですね。

 

タミフルに比較してウイルスを殺す力が100倍ある

また、タミフルに比較してウイルスを殺す力が100倍あるとも言われているのがゾフルーザです。
インフルエンザウイルス感染患者自身の治療はもちろん、ゾフルーザを使用する事で、周囲への感染防止効果も期待できるとも言われています。
集団感染がたびたび問題になるインフルエンザウイルスに対し、ゾフルーザはその特効薬になる可能性が十分にあると期待されています。

 

予防投与も効果がある

また、ゾフルーザはインフルエンザに罹患する前に服用する、予防投与も効果があるとされています。
今後は、受験生など、どうしてもインフルエンザにかかりたくない方への需要もありそうですね。

 

ゾフルーザを処方する上で気を付けること

ゾフルーザは一回の服用で済み、経口投与という事からも、どんどん臨床に取り入れるべきでしょう。
ひょっとすると、従来の治療薬全てに置き代わるような治療薬であると感じられるかもしれません。
ですが、ゾフルーザを処方する際に、いくつか留意すべき点があります。

 

ゾフルーザは成人でも体重によって処方量が異なる

まず、ゾフルーザは成人でも体重によって処方量が異なるという点です。
小児科の先生方なら小児は体重によって各種薬品の投与量が異なる事も多く慣れている事かと思いますが、実はゾフルーザは成人でも投与量が体重に依存して変動するのです。

 

具体的にはゾフルーザは、成人及び12歳以上の小児の場合、体重80kg以上なら20mg錠を4錠または顆粒8包、80kg未満なら20mg錠を2錠または顆粒4包と定められています。
また、12歳未満の小児についても体重ごとの投与量が定められています。
体重に応じて適切な量を処方しないと、ゾフルーザの効果は減弱してしまうのです。

 

このようにゾフルーザは成人でも投与量が体重によって違う為、気をつけて処方する必要があります。
ゾフルーザの処方の有無にかかわらず、インフルエンザウイルス感染の疑いがある患者の問診の際に、体重も聞いておく癖を普段からつけておくと良いかもしれませんね。

 

ゾフルーザはまだまだ研究段階の治療

また、ゾフルーザはまだまだ研究段階の治療薬であり、未知の部分も残されているという事を踏まえて処方する必要があります。
インフルエンザの治療にゾフルーザを使用した場合、主にA香港型ウイルスによる臨床試験では、小児の23.3%、成人の9.7%に耐性ウイルスが出現したとの報告があります。
耐性が成立すれば、症状ももちろん長引きますし、新たに感染を拡大させる可能性すら出てきます。
ですので、インフルエンザ患者にゾフルーザを処方する場合はこのような耐性ウイルスのリスクを十分に考慮したうえで処方するかどうか判断するべきです。

 

同時に、この耐性ウイルス発生のリスクについて、患者本人や場合によってはその家族に十分に説明する必要が医師にはあります。
患者の多くは、新しいインフルエンザの治療薬と聞くと、試してみたい反面、不安に感じている部分もきっとあるでしょう。
ですので、必要に応じて、耐性ウイルスの発生のリスクがある事や作用など、患者が納得するまでゾフルーザについて説明してから処方するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、インフルエンザの新しい治療薬、ゾフルーザについて解説しました。
ゾフルーザは、従来の治療薬のメインであったタミフルやリレンザとは、インフルエンザウイルスの増殖に対する阻害の仕方が異なるのですね。
また、ゾフルーザを処方する時には、いくつか注意しなければならない点がある事もご紹介しました。
ぜひゾフルーザの正しい知識を身に付け、適切に処方できるようにしましょう。

インフルエンザの最新治療の特効薬「ゾフルーザ」 医師転職サイトランキング

各サイトで非公開求人が違うので、2〜3社の併用をオススメしています。
各サイト共に利用は完全無料、登録作業は1分で完了します。
ご登録は無料!1分で完了します。
「医師転職ドットコム」先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%

医師転職ドットコムのおすすめポイント

50,000名以上の医師が選んだ転職サイト。

求人数は業界最大級の39,480件以上。

平均年収アップ率146.6%を実現。

満足度94.7%と納得の対応とサポート。

業界最大級の求人数と非公開求人情報!
医師転職ドットコムは、医療従事者の人材紹介派遣を行なっている株式会社メディウェルが運営しているサイトです。高待遇・好条件の求人を多数掲載しており、医師求人掲載数No. 1を獲得しています。また、コンサルタントが親身になって話を聞いてくれるので、転職しない選択をする人もいます。利用者からの評判も良く、転職そのものを考え始めた人にお勧めです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 39480件 10000件 24年

非公開求人1万件以上!


ご登録は無料!1分で完了します。
「マイナビDOCTOR」独占求人、非公開求人も紹介可能!

マイナビDOCTORのおすすめポイント

年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。

首都圏の求人数業界トップクラス。

独占求人、非公開求人も紹介可能。

産業医・クリニックの求人も充実。

プロのキャリアパートナーが、先生の転職・お仕事探しを徹底サポート!
マイナビDOCTORは、株式会社マイナビが提供する医師専門の求人紹介サービスです。この会社が運営している「マイナビ転職」は、転職サイトランキング2回連続総合1位に選ばれた実績を持っています。マイナビは、医師だけでなく、医療全般において多数のサービスを提供しており、国内トップレベルの取引実績があります。また、マイナビは一般企業向けの転職支援サービスも提供しているため、産業医の求人も紹介することができます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 5062件 17717件 47年

非公開求人も多数あります!


ご登録は無料!1分で完了します。
「エムスリーキャリア」88.7%が年収アップに成功!

エムスリーキャリアのおすすめポイント

エムスリーキャリア限定の非公開求人。

転職した医師の満足度96.1%と高い評価。

業界最高水準の条件交渉力。

88.7%が年収アップに成功。

エムスリーキャリア限定で紹介できる非公開求人は必見!
エムスリーキャリアエージェントは、医療従事者向け紹介事業の人材紹介とメディア力を兼ね備えたエムスリーキャリアが運営しているサイトです。医師会員が約25万人で、転職希望医師の登録実績が9年連続No. 1を獲得するなど、転職を考えている医師の皆さんからの支持率が高いサイトです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20037件 多数あり 11年

限定非公開求人多数!


ご登録は無料!1分で完了します。
「リクルートドクターズキャリア」好条件の非公開求人1万件以上と多数!

リクルートドクターズキャリアのおすすめポイント

好条件の非公開求人1万件以上と多数。

常時2万件以上の求人情報を保有。

見学等の段取り、条件の交渉もお任せ。

医師転職をサポートして38年。医師の支持率83%!
リクルートドクターズキャリアは、医療系の転職支援や採用支援事業等を行なっているリクルートメディカルキャリアが運営しているサイトです。このサイトは、30年以上の実績をもっています。医師の皆さんで、このサイトを利用したいと答える人が全体の約83%もいるほど、信頼と実績で選ばれています。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 18739件 10000件 41年

簡単1分で登録完了!


ご登録は無料!1分で完了します。
「民間医局」全国に15拠点の安心サポート!

民間医局のおすすめポイント

全国に15拠点の安心サポート。

好条件の求人が多数。

当直なしの常勤求人が多数。

検診の求人情報も多数。

転職が初めての人にも、丁寧なサポートを!
民間医局は、1997年に創業、医師人材紹介企業の老舗として、転職から非常勤まで多くの先生の就職活動を支援しています。そして、皆さん一人一人の希望に合わせた「エージェントからの求人提案」を最大の特徴としているサイトです。全国に15拠点あり、このサイトに登録すると、必ずお会いしての面談があります。これがあることによって、お互いの信頼も深まり、より良い転職活動を行うことができます。転職が初めての人にも、安心できる丁寧なサポートを行なってくれます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20876件 多数あり 20年

ドクターズマガジンを無料でお届け!


≫医師転職ドットコムだけは面倒でもご登録を!(無料)


非公開求人1万件以上!

厚生労働大臣許可番号 01-ユ-010052

人気のコンテンツ

医師が転職成功するための秘訣とは?
転職サイトに登録すると、必ずコンサルタントがつきます。適切なタイミングで転職をしたいと考えているのであれば・・・

なぜ、医師の転職サイトは複数登録が必要なの?
転職サイトはたくさんあり、どれに登録すれば良いか迷ってしまいまが、決して一つに絞れば良いというわけではなく・・・

医師の転職サイト選び方のコツとは?
それぞれのサイトに強みがあります。アルバイト求人で有名だったり、非公開の好条件求人で有名であったり・・・

関連ページ

「医師の転職サイト」とは?先生の志を全うするために
転職には失敗したくない!医師の転職失敗例と対策
私失敗しないので!医師の転職を成功させるためには
医師転職の裏技!非公開求人でワンランク上の転職を
女性医師のための転職ガイド
女医のキャリア、結婚、出産、子育てと両立するには?
女性医師のための結婚ガイド!忙しくても美を保つ方法
女性医師の転職!保健所で働くという選択について
診療科 忙しさ ランキング|医師 QOLの高い科
専門医未取得でも転職は可能?
美容外科医という選択について
働き方改革が進む今だからこそ、産業医という選択を
医師の新しい働き方を可能にする病理医!勤務内容とは?
塀の中のお医者さんとは?矯正医官について
法医学者の仕事内容とその特徴について
医師の海外派遣〜国境なき医師団について〜
転職先にぴったり?麻酔科医として働くということ
臨床の限界を突破したい!〜臨床医から研究医へ〜
医師のアルバイトをご紹介!副業で収入アップ!
フリーランスドクターのメリットとデメリット
最近はフリーランス医が人気?〜仕事内容と転職方法〜
女性フリーランス医という選択肢について
医師の休暇事情について
今の医学生に人気の診療科と医師不足が深刻な診療科
インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」の効果を徹底解説!
救急車たらい回し問題について
隠された情報を読みといて患者さんと円滑な対話を
実はあまり知られていない!病理医の仕事について