人気の転職サイト(登録無料)

大手の医師転職サイトランキング(無料)

医師転職ドットコム 5年連続ご利用者満足度No.1、年収アップ率146.6%
エムスリーキャリア 医師の満足度96.1%、88.7%が年収アップに成功。
リクルートドクターズキャリア リクルートが運営、常時2万件以上の求人情報。
マイナビDOCTOR 独占求人、非公開求人も紹介可能。
民間医局 全国に15拠点、転職にもアルバイトにも対応。

転職には失敗したくない!〜医師の転職失敗例と対策〜

転職を考えている先生方、スムーズに転職活動を進めたくありませんか?
スムーズに転職するに当たって気になるのは、どんな時に失敗してしまうのかですよね。
実は、医師の転職で失敗する例は何種類もあるのです。
本記事では、医師の転職で失敗する事がないよう、失敗の例とその対策について詳しくご紹介していきます。

医師の転職失敗例

それでは本題の、医師の転職失敗例について見ていきましょう。
ここでは5つの事例をご紹介します。

 

@紹介による病院転職の場合

転職を考える際、信頼できる知人や恩師などに紹介を頼む事があるでしょう。
人脈がある先生方なら尚更、頼ってしまうかもしれません。

 

しかし、紹介による転職の場合はリスクが高い事を覚えておいてください。
先生方の希望に添える条件であったり、技術の向上が見込めたりするのであれば、紹介された病院へ転職するのは、一見、良い事のように思えます。
ただし成功するかどうかは未知数ですし、好条件で紹介してもらった手前、成功して当たり前という風に見られてしまいます。
その事をプレッシャーに感じる先生方も少なくないのです。

 

その他の理由としては、以下のようなものが挙げられます。
1つ目は、紹介してもらった先生が信頼できても、転職先まで信用できるかはわからないという事です。
聞いていた話とは全く違う環境であったというケースが、転職後に発覚する事も珍しくありません。

 

2つ目は、重要な条件が口約束で済ませられがちな事です。
書面上ではなく口約束の場合、条件が転職後に適用されなかったり担当者の変更によって白紙に戻されてしまったりという危険性がある事です。
紹介者に任せっきりにしてしまうのはよくありませんね。

 

3つ目は、紹介者がいる事によるしがらみから、再び転職しにくいという事です。
同じ医師として働く以上、職場が違っても学会などで会う可能性があります。
紹介者と円満な関係を築いたままでいたいのなら、1度転職した後はなかなかやめられないでしょう。

 

A1つの条件に固執しすぎた場合

いざ転職するとなれば、できるだけ希望に沿った条件で働きたいですよね。
しかし全ての条件が希望通りになるとはあまり考えられない為、優先事項を決める事が重要になります。
ここで注意したいのが、優先事項だからといって1つの条件に固執しすぎないようにする事です。

 

特に給料面だけを見て決めると、失敗する確率が上がってしまいます。
例えば、1週間あたりの出勤日数が少なく、かつ給料が高い事に惹かれて転職したとしましょう。
しかし、実際には365日オンコールの対応をしなくてはならない、オンコールの回数が多いなど、結局、勤務時間が増えただけという事もあります。

 

症例数が多い病院へスキルアップのために転職したのに、症例数が多いだけで自分は経験させてもらえないという事もあり得ます。
いずれにしても、1つの条件に固執するのは危険です。

 

今まで述べてきた失敗例に加え、「1つの病院しか見学に行かなかった」「病院内の体制の確認不足」「家族の反対を押し切った」「退職時にもめた」なども挙げられます。
このように、たくさんの原因によって転職に失敗してしまう可能性があるのですね。
では、どのようにして失敗を防げばよいのでしょうか。
次からは、実際にどのように気を付けるべきかをご紹介していきます。

 

失敗しないための対策

医師の転職失敗例が分かったところで、それぞれの対策を見ていきましょう。

 

@紹介による病院転職の場合

この場合の失敗原因は、転職する医師の情報不足が大きいと言えます。
まずは、信頼できる相手からの紹介であっても自分で条件の確認を行い、書面でのやり取りを交わしましょう。

 

それにあたり、雇用契約書を書いておく事も大切です。
これらのプロセスをふめない、もしくは追求しても相手が曖昧にするようであれば、転職後、トラブルに発展する可能性が大きいです。
大事な条件を、後から二転三転されては困りますから、怪しいと感じたら、はじめから丁寧に断るのが賢明な判断と言えます。
殊、紹介による転職は、上手く進めばとても良い条件で働ける可能性もゼロではないだけに、見極められるかどうかがポイントとなるでしょう。

 

A1つの条件に固執しすぎた場合

この場合、バランス良く希望条件を考える事が重要になります。
先ほど述べたような「1週間あたりの出勤日数が少なく、かつ給料が高い」という一見待遇が非常に良い求人は、なぜそこまで待遇が良いのか確認する必要があるのです。

 

また、転職先の病院環境も確認するべきでしょう。
先程の例でいうと、「症例数が多い病院へスキルアップのために転職したのに、症例数が多いだけで自分は経験させてもらえない」という事態を防ぐ為にも、働いている医師の年齢や実績、専門性を知っておく必要があります。

 

もちろん、優先事項を決めておくのは大事ですが、転職後の働いている姿を想像して、バランスの取れた職場を探しましょう。

 

余談ですが、稀に、転職担当者との相性が悪いと感じる場合もあるかもしれません。
その際の対策について、お話ししましょう。
自分に原因がある時と担当者に原因がある時がありますから、各々について知っておいた方が良いと思います。

 

まず、自分に原因がある時の対策についてです。
より良い転職先を見つけたいと思う先生方は多いと思いますが、もう1度自分を見つめなおしてみてください。
客観的に見て、自分の知識や技量に見合った条件を出せているでしょうか?
現実的に厳しい条件を出していらっしゃいませんか?
客観的にも問題のない条件を出す事ができれば、担当者との相性も良くなるかもしれません。

 

次に、担当者に原因がある時の対策についてです。
このパターンは、担当者に任せっきりにしている場合が多いのですが、その辺は、コミュニケーションを取りながら判断していくと失敗しないでしょう。
担当者とコンタクトを取ったら、気になる事は初めの方から質問して、相手の状況を把握すると良いと思います。

 

その際、頼りないと感じたら担当者の変更も可能です。
「せっかく良い転職先を見つけたのに、担当者との相性が悪くてチャンスを逃してしまった…」などという事がないようにしたいものです。

 

最後に、その他の失敗原因に対する対策についてです。
「早く転職したいからと、1つの病院だけを見て決めない」「家族との話し合いはよく行う」「退職時に今までの不満などを言ってしまい、元同僚や医局と険悪な関係にならない」などが挙げられます。

 

今までの失敗例と対策をまとめると以下のようになります。

 

・情報をできるだけたくさん集める
・条件は優先順位をつけつつ、バランスよく
・見学は複数行く
・予定や段取りの把握を行う

 

転職には少なくとも120日程度かかることも考慮し、スムーズに転職活動を進められるようにしましょう。
転職先によっては、市場トレンドを頭に入れておくとさらに良い場合もあります。
以上のことに気を付けて、失敗しない転職活動をしてください。

 

まとめ

今回は、医師の転職失敗例とその対策についてご紹介してきました。
改めて失敗例を見てみると、失敗の多くは情報収集不足である場合が多いですね。
転職に対するクリアなビジョンを持って、人任せにしない転職活動を行いたいものです。

 

紹介のみに偏った情報収集だけでなく、フラットな視点を持ち合わせた転職サイトとの併用をおすすめします。
後悔しない転職活動を行うためにも、ゆっくりと時間をかけて理想の職場を探してください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓