人気の転職サイト(登録無料)

医師転職の裏技!〜「非公開求人」でワンランク上の転職を目指す〜

転職をお考えの医師の先生方、「非公開求人」についてご存知でしょうか。
実は、この非公開求人こそが、医師のよりよい転職を可能にしてくれるといっても過言ではありません。
今回は、非公開求人についてつぶさに語っていくと同時に、実際「非公開求人」を利用して転職した先生方の声も、合わせてご紹介したいと思います。

医師の転職サイトでよくある「非公開求人」とは?

インターネットを介し、無料で質の高いコンサルトサービスを受けられる、医師の転職サイト。
専門コンサルタントが、無料で手取り足取りあなたの転職をサポートしてくれることはもちろん、掲載されている求人情報も膨大です。

 

ですが、インターネット上に掲載されている求人情報が全てではありません。

 

「当サイトでは非公開求人が全体の○○%を占めています。」
「○○件の非公開・匿名求人をご用意しています。」
医師の転職サイトをよくチェックする方で、このような記述を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

そうです。
これらがいわゆる「非公開求人」というものです。
意外と知られていない事かと思いますが、転職サイトや病院の公式WEBサイトなどで公開されている求人情報は、医師求人全体のごく一部なのです。

 

さらに、実はこのような「非公開求人」こそが、魅力的な厚待遇の求人情報が満載なのです。

 

「非公開求人」とは、その転職サイトに登録した方のみが紹介を受けることが出来る求人情報のことをいいます。
医療機関が公に医師を募集したくない場合、「非公開求人」となり、一般には公開されません。
ここからは「非公開求人」が特に多いといわれている「医師転職ドットコム」に掲載されている情報をもとに、話を進めていきますが、「非公開求人」になるのは主に以下の3つの理由があるといわれています。

 

まず1つ目は、経営に関わる重要な求人情報であるため、非公開になっている場合です。
経営に関わるような重要な求人情報は、関連する大学医局に知られることのないよう、水面下で採用活動を行うため、秘密裏に人材紹介会社に依頼し、採用条件に合った医師を紹介してもらおうという動きがあります。

 

2つ目は、産業医や人気医療機関など、公に募集してしまうと応募が殺到し、その医療機関では対処できなくなってしまうため、非公開になっている場合です。
人気医療機関とは、具体的には、「産業医」、「製薬企業」、「都心のクリニック」、「高名な指導医がいる」、「高収入」、「新規開院・リニューアル・新築移転予定」、このような条件などです。
このような人気条件がそろった医療機関では、公に求人情報を公開してしまうと医療機関が全ての応募者の選考を行うことが難しくなるため、人材紹介会社に医療機関が条件の合う医師をしぼってもらうという意味も含めて、「非公開求人」としています。

 

ですから、「非公開求人」には厚待遇、そして条件のいい求人情報が多いのですね。

 

最後に3つ目は、募集内容を病院内部のスタッフに知られてしまうことを防ぐため、非公開にしている場合です。
病院内部のスタッフが求人をしていることを知ってしまったら人事に混乱をきたしますし、いい待遇や条件を出してしまうと不平不満が募るなど、なかなか厄介です。

 

このようなことを防ぎ、病院側にとっても医師側にとってもウィンウィンの関係を保つためにも、「非公開求人」は存在しているといえそうですね。

 

ここまで、「非公開求人」とは一体どのようなものかお話してきました。
「非公開求人」とは様々な理由により、公には出せない厚待遇の求人を指します。
結論として、この「非公開求人」をいかに上手く活用していくかどうかが、よりよい転職ができるかどうかに影響するといえるでしょう。

 

「非公開求人」が特に多い転職サイトとは?

先生方がご存知の通り、医師の転職サイトは様々あります。
参考までに、以下の有名なところを挙げてみました。

@ 医師転職ドットコム 5年連続ご利用者満足度No.1、年収アップ率146.6%
A エムスリーキャリア 医師の満足度96.1%、88.7%が年収アップに成功。
B リクルートドクターズキャリア リクルートが運営、常時2万件以上の求人情報。
C マイナビDOCTOR 独占求人、非公開求人も紹介可能。
D 民間医局 全国に15拠点、転職にもアルバイトにも対応。

 

これらの医師の転職サイトには十人十色、それぞれに長所と短所があり、一概にどの転職サイトが良いなどと言いきることはできません。
では、「非公開求人」という観点において、どの転職サイトが最もおすすめなのでしょうか。

 

それはズバリ、医師転職ドットコムです。
医師転職ドットコムは最多の求人情報を誇ります。
もちろん、「非公開求人」も含めてです。

 

やはりこの手の求人情報というのは、公開、非公開に関わらず、数が多ければ多いほど良いかと思います。
その方があなたにぴったりな求人が見つかる可能性が高くなりますものね。
そういった面でも、数ある転職サイトの中で、医師転職ドットコムが最もおすすめといえるのです。

 

具体的には、医師転職ドットコムには、39,480件以上の求人が掲載されており、そのうち約70%が「非公開求人」となっています。
いかがでしょうか。
あなたの人生をより良くするための、優遇の良いものすごい量の「非公開求人」ですよね。

 

さらに具体的な非公開求人は、以下のようなものが一例として挙げられます。

・製薬会社のメディカルドクター
東京都・大阪府、年収1,600〜2,000万円、臨床開発業務

 

・診療部長ポスト
大阪府、年収1,800〜2,000万円(当直代別)、病院スタッフ教育・診療、経営義務

 

・都心駅地下クリニック
山手線沿線徒歩5分、年収1,500〜1,800万円、外来、検査

いかがでしょうか。
「非公開求人」はまさに、魅力的な条件ばかりが整う求人情報ですよね。

 

実際に非公開求人で転職した先生方の声

ここでは、実際に医師転職ドットコムで、「非公開求人」により転職した先生方の声をご紹介します。
現場の生の声って信憑性がありますものね。

『事前にメールや電話でかなり細かい私の現状や、将来の希望に関して質問を何度もいただき、なんでここまで聞かれるんだろうと、その時は少し不審に思いましたが、打ち合わせの当日、私の希望にぴったりの8件もの求人をお持ちいただき、Aさんがきちんと私の事を理解したうえで求人を探してくださった事に満足しました。
驚いたのは、Aさんがその8件の病院を、すべて事前に訪問し、私の気になるオンコールや、他の常勤医の実際の退勤時間、有給の消化具合、その他経営状況や人間関係などを調査してきてくれた事です。…
結局、2件の病院に面接に行ったのですが、土日に関して非常勤医をきちんとあてがってくださるという約束いただいたところにお世話になる事にしました。』
参考URL:(http://www.dr-10.com/lp/smp_gap/)

この方は年収が300万円アップしたのに関わらず、オンコール無し、オンオフがはっきりしていて私生活も充実した勤務体制へと、プライベートも大切にした、よりよい転職を成功させています。
医師転職ドットコムにおける「非公開求人」によってです。

 

さらに、「非公開求人」を提示するだけでなく、提示した医療機関の徹底した下調べなど、医師転職ドットコムの手厚いサポート体制がわかりますね。

 

ですが実は、希望以上の転職を成功させている先生は複数の転職サイトに登録しています。
それは、転職サイトによって紹介される「非公開求人」は全く異なるからです。
その転職サイトを運営する会社と厚意の医療機関がそれぞれあるというのは想像に容易いことでしょう。

 

医師の転職サイトは無料で利用できますから、一度に複数の転職サイトに登録してみるのが良いかと思います。
その方が、よりあなたの条件に沿う「非公開求人」に出会えるからです。

 

まとめ

今回は医師の転職における「非公開求人」についてお話ししてきました。
「非公開求人」とは、様々な理由で公にされない膨大な量の求人情報のことで、その転職サイトに登録されている先生にのみ紹介されます。
「非公開求人」とはずばり、厚待遇の求人であり、「非公開求人」を上手く生かせるかどうかが、よりよい転職につながります。
転職を考えている先生方、複数の転職サイトに無料で登録し、ワンランク上の転職先を見つけてくださいね。