人気の転職サイト(登録無料)

私失敗しないので!〜医師の転職を成功させるためには〜

転職といえば、どの業界でも一世一代の大勝負。
では、失敗しない転職をするためにはどうしたらよいのでしょうか?
何事も「失敗は成功の母」といいますよね。
そこで今回は、医師の転職の失敗例をご紹介するのと同時に、失敗しない転職をするための方法をお話ししていきたいと思います。

医師の転職の失敗例をご紹介します

医者の世界には医局制度がありますから、転職ってまさに、一世一代の大勝負ですよね。
そのような大事な勝負の時は、誰しも失敗を避けたいものです。

 

ではどうしたら、医師の転職において失敗せずにすむのでしょうか。
それは失敗例から多くを学ぶことです。

 

何事も失敗例から学ぶことほど、大きなものはないといいます。
医師の転職においてもそれは同じです。
そこでこの小見出しでは、医師の転職で実際にあった失敗例を大きく3つご紹介していきたいと思います。
転職をお考えの先生方の一助となれば幸いです。

 

まず1つ目は、つて頼みの就職で失敗してしまった例です。

『趣味の時間を持つため転職を決意しました。
大学の先輩に相談したところ、その先輩が外勤で働いている医療機関を紹介してもらいました。
関連科目の先生も大学OBの先生方がほとんどで、話を通してもらいやすそうだったので、働くことを決意。
しかし、実際に入ってみると労働条件は劣悪そのもの。
ですが紹介してもらった手前退職しづらく、退職できずにいます。
(心臓血管外科医・40代・男性)』

紹介されるまま、劣悪な環境に入職してしまったことがわかります。
いったん入職してしまうと、紹介してもらった手前、なかなか退職しにくいですよね。

 

また、いくら紹介してくれる方が信頼できる方でも、紹介先が自分に合った職場であるとは言い切れません。
客観的な判断はなかなか難しいものです。
恩師や大学の先輩など、信頼できる知人の紹介で転職先を探すことは近道に思えますが、実はかなりハイリスクであることを心に留めておいてくださいね。

 

2つ目は、転職先の体制を確認するのが不十分で失敗してしまった例です。

『内視鏡の症例を増やしたいと考え、病院全体の症例数の多さで転職先を決めました。
しかし実際に入ってみると、内視鏡は上役の医師が一人で対応しており、下の先生方は雑用ばかり。
私自身も思っていたような経験が積めなかったのです。
事前にこのような体制が把握できていれば他の病院に行ったのですが……。
(消化器内科医・30代・男性)』

先生方のほとんどは。明確に目的や目標をもって転職をすることと思います。
自分の医師としての志を達成するためや、ライフイベントを重視するためなどです。
ですが、実際の現場の体制や勤務環境までしっかりと把握していないと、その志が遂げられないという事態が発生してしまいます。

 

医師の転職は焦らずに、病院の内情や体制などを事前にしっかりと把握していくことが重要だといえるでしょう。

 

最後に3つ目は、一緒に働く人について知らず、失敗してしまった例です。

『「メリハリのある生活をしたい」という理由で転職を決意しました。
土日祝休み、当直なし、時間外の対応なし、というかなりの好条件で入職したものの、入職後すぐに上司からのいじめが始まり、なんと麻酔をさせてもらえない状況に…。
仕事らしい仕事をさせてもらえず、再度の転職を決意しました。
(麻酔科医・30代・男性)』

職場での人間関係って、働いていく上で最重要項目といっても過言ではありませんよね。
さらに医療はチームワークですから、そこが厳しい状態だと、長く働いていくことは困難でしょう。

 

せっかく自分が希望する条件に合う医療機関が見つかったとしても、職場の人間関係に問題があったり、特に上司と考え方がずれていたりすると、仕事を続けるのが難しくなるのです。
上記の事例では、再転職まですることになってしまっています。

 

昔の異常な縦社会がいまだに残っている医療機関もまだ多く、現場の内実を知らずに入職してしまうと、このようなばかばかしい状況に陥ってしまうこともあるのです。

 

そのようなことを防ぐためにも、病院内部を知っていそうな知り合いの先生に聞いたり、可能であれば面接時に直接の上司や同僚になる人とも話してみたりする事によって、職場の人間関係や一緒に働いていく人の事まで、焦らず情報収集につとめましょう。

 

いかがでしょうか。
ここまで、医師の転職における失敗パターンで代表的なものを3つご紹介してきました。
これら3つの失敗例には、共通点があります。

 

それは、今後入職しようという現場について、情報収集が不十分だった事です。
他の職業に比べて、特に医療機関というのはなかなかその内実が表に出てきにくいといえるでしょう。
ですが、情報収集が不十分だった結果、不利益を被るのはあなたなのです。

 

今回ご紹介したように、医師としての志を達成できないような職場であったり、職場の人間関係が自分に合わなかったり等、安易な選択は後に影響を及ぼしてしまうでしょう。
せっかく、よりよい職場を求めて転職したのにそのような結果に終わってしまっては、とても悲しいですよね。
内実がなかなか表に出てこないからこそ、医師の転職おいて、その医療機関について十分な下調べをしておく事が重要になるのです。

 

では、どうしたら事前の情報収集が十分に出来るのでしょうか。
その病院に知り合いの先生が働いている可能性は低いですし、いたとしてもなかなか細かいことまでは聞き出せないですよね。
個人でできることって、限られているように思えます。

 

そこで、「医師転職サイト」の出番なのです。
医師転職サイトがなぜ医師の転職を成功に導き続けているのか、その理由を次の小見出しでお教えします。

 

失敗しない転職のためには、医師転職サイトを賢く活用しよう

前の小見出しで医師の転職において、実際に会った失敗例をご紹介してきましたが、3つすべてに共通していたことは、事前の情報収集の不足でした。
少し横道にそれてしまいますが、手術でも事前の準備が成功の有無を決めますよね…。

 

つまり、医師の転職を成功させるのは事前の十分な情報収集であり、それゆえに医師の転職を成功させるkeyとなるのは、医師転職サイトの存在といえるでしょう。

 

つて頼みの転職と異なり、医師転職サイトでは客観的にあなたの希望条件に合った求人を紹介してくれますし、面接の前にその医療機関の情報を専任コンサルタントが徹底的に調べてくれるので、安心して転職後も働くことが出来るからです。
専任コンサルタントは、その職場の内実や人間関係なども調べてくれるのです。
しかもそうして情報収集した事柄を、客観的に判断してあなたにおすすめするかどうかを決めてくれますから、安心ですよね。

 

つまり、失敗しない転職には、無料で手厚いコンサルトサービスを受けられる医師転職サイトを活用することが必須なのです。

 

さらに、1つ付け加えるならば、医師の転職サイトを“賢く”利用すると、あなたの転職は1つ上のものとなりえます。
ご存知の通り、医師の転職サイトって様々あり、十人十色ですよね。

 

求人情報がとにかく多い、医師転職ドットコム。
医師の登録数が20万人以上で業界No1のエムスリーキャリアエージェント。
産業医求人に強い、リクルートドクターズキャリア。
首都圏で「病院以外への転職」なら、マイナビドクター。
非常勤の求人情報に強い、民間医局。

 

こうして挙げてみても、その多様さがうかがえます。
ですから、複数登録して自分の希望条件に強みをもつ医師転職サイトを選択的に利用していくことが、“賢い”利用方法であるといえるでしょう。
医師転職サイトはいくら登録しても無料で利用できますから、ぜひ“賢く”活用していってくださいね。
そうすることで、あなたの一世一代の転職は大成功するでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここまで、医師の転職における代表的な失敗例3つと、失敗を引き起こす情報収集不足を解決してくれる医師転職サイトの存在、そして医師転職サイトを“賢く”活用していく術をお話ししてきました。
医師の転職を成功させるためには、医師転職サイトの活用が必須です。
ぜひ複数登録して、一世一代の大勝負に打ち勝っていってくださいね。