人気の転職サイト(登録無料)

医師が退職までにすること

医師の場合、退職するときにもそれなりの手順があり準備が必要となります。
しかし実際はどのような手順が必要となるのでしょうか。
医師が退職までにすることを確認してみましょう。

個人的にすること

個人的にすることとしては以下のようなことが挙げられます。

・次の勤務地を決める。
・病院側に退職の意思を伝えるための準備をする。

 

次の勤務地を決める

次の勤務地を決めることは、当然のことではありますがとても重要です。
転職先を決めておくことで、退職に向け、ゴールが見える状況を作ることができます。
これは、退職のための準備を進めていくための強いモチベーションとなります。
このモチベーションがきっと、先生ご自身が次のステップを踏む、良い支えとなることかと思います。

 

病院側に退職の意思を伝える

病院側に退職の意思を伝える際に重要なことは、冷静であることと、明確に意思を示すことです。
冷静かつ明確に意思を伝えるためには、今後のビジョンを明確に持つことが重要です。
先程述べた次の勤務地を決めることは、先生ご自身に明確なビジョンを与えてくれます。
また、冷静を保つために、病院側への不満をぶつけないように気を付けましょう。

 

病院側とすること

病院側とする手続きの大まかな流れは以下のようになっています。

・退職の意思を伝える。
・退職日を決める。
・退職届を出す。
・引継ぎを行う。
・退職の挨拶をする。

 

これらはいずれも大事ですが、無所属の場合や医局を離れる場合は特に退職日を決めることと、引継ぎを行うことが大切だと思います。
退職日を決める際は、病院と円満に決めることが重要です。
早い段階から辞める旨を伝え、病院に負担がかからず、後任の医師が困らない日に退職できるように日程を調節しましょう。

 

また、退職する際には、返却しなければならないものと受け取らなければならないものがあります。

 

返却するもの

まず、返却するものですが、基本的に病院からもらったものは返却するようにしましょう。具体的には次の物が挙げられます。

・健康保険被保険者証
・社員証などの身分証明書類
・通勤定期券
・制服
・名刺
・業務用の書類及び参考資料の備品

 

受け取るもの

次に受け取るものについてです。
受け取るものは基本的に、次の職場へ移る為の手続きに使うものだと覚えておけばよいでしょう。
具体的には以下の通りです。

・離職票
・雇用保険被保険者証
・源泉徴収票
・年金手帳

 

引継書を作りましょう

引継ぎを行う際は、長期に渡って入院、通院している患者がいる場合や、特別に伝えておきたいことがある場合にカルテ以外に引継書を作ることをお勧めします。
また、病院長などの経営に携わる役職も兼任している場合は、その仕事に関する引継書も作りましょう。

 

医局を離れる場合は、後任の医師と連絡をとれない可能性がありますので、上記のように引継書を作りましょう。
そうすることで、後任の医師がスムーズに仕事を始められます。

 

まとめ

「医師が退職までにすること」を、個人でやることと病院側と相談しながらすることに分けてお伝えしました。
特に病院側と相談しながら進める手続きに関しては、他人を巻き込む内容になりますので、注意が必要です。
不適切な形で手続きを進めてしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。
病院側と良好な関係のまま円満に退職をするためにも、丁寧に手続きを進めていきましょう。

医師が退職までにすること 医師転職サイトランキング

各サイトで非公開求人が違うので、2〜3社の併用をオススメしています。
各サイト共に利用は完全無料、登録作業は1分で完了します。
ご登録は無料!1分で完了します。
「医師転職ドットコム」先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%

医師転職ドットコムのおすすめポイント

50,000名以上の医師が選んだ転職サイト。

求人数は業界最大級の39,480件以上。

平均年収アップ率146.6%を実現。

満足度94.7%と納得の対応とサポート。

業界最大級の求人数と非公開求人情報!
医師転職ドットコムは、医療従事者の人材紹介派遣を行なっている株式会社メディウェルが運営しているサイトです。高待遇・好条件の求人を多数掲載しており、医師求人掲載数No. 1を獲得しています。また、コンサルタントが親身になって話を聞いてくれるので、転職しない選択をする人もいます。利用者からの評判も良く、転職そのものを考え始めた人にお勧めです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 39480件 10000件 24年

非公開求人1万件以上!


ご登録は無料!1分で完了します。
「マイナビDOCTOR」独占求人、非公開求人も紹介可能!

マイナビDOCTORのおすすめポイント

年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。

首都圏の求人数業界トップクラス。

独占求人、非公開求人も紹介可能。

産業医・クリニックの求人も充実。

プロのキャリアパートナーが、先生の転職・お仕事探しを徹底サポート!
マイナビDOCTORは、株式会社マイナビが提供する医師専門の求人紹介サービスです。この会社が運営している「マイナビ転職」は、転職サイトランキング2回連続総合1位に選ばれた実績を持っています。マイナビは、医師だけでなく、医療全般において多数のサービスを提供しており、国内トップレベルの取引実績があります。また、マイナビは一般企業向けの転職支援サービスも提供しているため、産業医の求人も紹介することができます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 5062件 17717件 47年

非公開求人も多数あります!


ご登録は無料!1分で完了します。
「エムスリーキャリア」88.7%が年収アップに成功!

エムスリーキャリアのおすすめポイント

エムスリーキャリア限定の非公開求人。

転職した医師の満足度96.1%と高い評価。

業界最高水準の条件交渉力。

88.7%が年収アップに成功。

エムスリーキャリア限定で紹介できる非公開求人は必見!
エムスリーキャリアエージェントは、医療従事者向け紹介事業の人材紹介とメディア力を兼ね備えたエムスリーキャリアが運営しているサイトです。医師会員が約25万人で、転職希望医師の登録実績が9年連続No. 1を獲得するなど、転職を考えている医師の皆さんからの支持率が高いサイトです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20037件 多数あり 11年

限定非公開求人多数!


ご登録は無料!1分で完了します。
「リクルートドクターズキャリア」好条件の非公開求人1万件以上と多数!

リクルートドクターズキャリアのおすすめポイント

好条件の非公開求人1万件以上と多数。

常時2万件以上の求人情報を保有。

見学等の段取り、条件の交渉もお任せ。

医師転職をサポートして38年。医師の支持率83%!
リクルートドクターズキャリアは、医療系の転職支援や採用支援事業等を行なっているリクルートメディカルキャリアが運営しているサイトです。このサイトは、30年以上の実績をもっています。医師の皆さんで、このサイトを利用したいと答える人が全体の約83%もいるほど、信頼と実績で選ばれています。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 18739件 10000件 41年

簡単1分で登録完了!


ご登録は無料!1分で完了します。
「民間医局」全国に15拠点の安心サポート!

民間医局のおすすめポイント

全国に15拠点の安心サポート。

好条件の求人が多数。

当直なしの常勤求人が多数。

検診の求人情報も多数。

転職が初めての人にも、丁寧なサポートを!
民間医局は、1997年に創業、医師人材紹介企業の老舗として、転職から非常勤まで多くの先生の就職活動を支援しています。そして、皆さん一人一人の希望に合わせた「エージェントからの求人提案」を最大の特徴としているサイトです。全国に15拠点あり、このサイトに登録すると、必ずお会いしての面談があります。これがあることによって、お互いの信頼も深まり、より良い転職活動を行うことができます。転職が初めての人にも、安心できる丁寧なサポートを行なってくれます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20876件 多数あり 20年

ドクターズマガジンを無料でお届け!


≫医師転職ドットコムだけは面倒でもご登録を!(無料)


非公開求人1万件以上!

厚生労働大臣許可番号 01-ユ-010052

人気のコンテンツ

医師が転職成功するための秘訣とは?
転職サイトに登録すると、必ずコンサルタントがつきます。適切なタイミングで転職をしたいと考えているのであれば・・・

なぜ、医師の転職サイトは複数登録が必要なの?
転職サイトはたくさんあり、どれに登録すれば良いか迷ってしまいまが、決して一つに絞れば良いというわけではなく・・・

医師の転職サイト選び方のコツとは?
それぞれのサイトに強みがあります。アルバイト求人で有名だったり、非公開の好条件求人で有名であったり・・・