人気の転職サイト(登録無料)

救急車たらい回し問題について

救急車のたらい回し問題については、医師の皆様に限らず、医療従事者や医療や地域に関心のある方なら誰しも一度は聞いた事のある内容ではないでしょうか。
これほど医療・医学が発展した現代においても、救急車のたらい回しは依然として無くならない深刻な問題です。
今回は、救急車のたらい回し問題についてお話しします。

救急車のたらい回しとは?そしてその現状は?

救急車のたらい回しは、救急車の受け入れ先であるはずの病院の救急科やERが受け入れを断わる事です。
その理由は実にさまざまであり、そのせいで事態が複雑化しており、解決が難航しています。

 

産科・周産期科関連のたらい回しの事件

まず、先生方が思いつくたらい回しの事案として、有名なものが産科・周産期科関連のたらい回しの事件です。
今までに一度も病院を受診していない未受診妊婦が周産期を迎え、どうしてよいのか分からず救急要請をしたとしましょう。
未受診妊婦は、何らかの事情があって今まで病院に来ることができなかったのです。
そのため、費用を払えない、何か複雑な背景がある、などの様々な問題が想定されます。

 

こういった場合、救急科を有する病院であっても受け入れを断わることがあるのです。
費用が払えないリスクに加え、未受診妊婦は、適切な検査をしていないわけなのですので、何かしらの病原体を保持している可能性すらあるのです。
これは、病院に入院する他の患者やスタッフを危険にさらすことになり、取り返しのつかないことにすら成りかねません。

 

このようなリスクを総合的に考慮し、病院側は未受診妊婦の受け入れを断わるという決断に至る場合があるのです。
受け入れを断わられた救急車は、次の病院を探すほかありません。
もしも、その妊婦の容態が出産間近であったり、何かリスクを抱えた疾患を持っていたりした場合、病院に1回断られるだけで時間の大幅なロスになり、大いに命に関わり得るのです。

 

このように、未受診妊婦の例を考察してみましたが、救急車のたらい回しは深刻な問題であり、あってはならないことです。

 

未受診妊婦を例に挙げましたが、この他にも、研修医などの若手しかおらず手に負えない、ベッド数が足りない、手術などの患者の対応中で受けられる医師がいない、などの理由が主に挙がっております。

 

自分がもしもその救急車に乗る患者だと考えると、たらい回しの問題はぞっとしますよね。
患者さんは、救急車を呼べば何とかなる、自分を診てくれる医師のもとまで搬送してくれる、と信じているわけです。
それがそんな状況でたらい回しにあったとすると、怒りの感情すらわいてくるのも自然なことでしょう。

 

患者さんと医師側ひいては病院側は、信頼の上で成り立っています。
それは、外来の受け持ち患者さんに限った話ではありません。
いざというときに患者さんを受け入れられる病院の体制こそ、その地域の患者さんとの信頼関係につながるのです。

 

救急車のたらい回しの解決策は

では、救急車のたらい回しの問題を解決するために、医師の皆様や病院ができることはあるのでしょうか。

 

未受診である妊婦を減らすこと

未受診妊婦の例を再び考えてみましょう。
そもそも、この問題は患者が未受診であることが問題です。
未受診である妊婦を減らすことが、この問題の打開策やヒントになるのではないでしょうか。

 

市や区と協力し、妊娠の可能性のある女性の検診を周知したり、低所得者の場合の費用補助をしたりするなど、未受診妊婦自体を減らすことが大切です。
そして、妊娠を続けるにあたって社会的な問題を抱える妊婦の場合は、ソーシャルワーカーを付けるなどの対応をするなどすべきなのです。

 

このように、地域から未受診妊婦を減らす活動を、市などと協力して、地域全体で行うことで、未受診妊婦が減少し、その救急車のたらい回しは減少することが期待されるのです。

 

搬送を断わるのではなく、上級医に相談する

研修医しかおらず、救急車で重症患者が搬送されても受け入れることができない、という場合、その病院の救急システム自体に問題があります。
日中は指導医が複数いるのでこの問題が発生するとしたら、夜間の当直の時間帯でしょう。

 

当直制度は病院ごとに異なりますが、2年目の研修医くらいになると指導医がいなくても一人でファーストタッチを任されるようになることも多いです。
このこと自体は研修医の成長に必要なことであり、研修医にとっては良い修行の場となるのは事実です。
そして自分のキャパシティーの限界をきちんと把握し、自分では対応しきれない症例であると判断できる能力も大切です。

 

ですので、研修医だけで救急搬送の重症患者を対応し、研修医の能力が追い付かず、患者に適切な診察や治療ができず手遅れになってしまうのはもってのほかです。

 

この場合大切なことは、研修医が救急搬送の症例に対し、自分一人の今の能力では対応しきれないと思ったら、搬送を断わるのではなく、上級医に相談することです。
研修医が成長するために現場へどんどん出るのはとても大切なことですが、それはその研修医をフォローできる指導医・上級医の存在があってこそのものです。
ですので、研修医が救急車を断わってしまうのではなく、そうなった場合に上級医がフォローする仕組みや環境が、たらい回しの件数を減らすことにつながるのです。

 

病院自体がベッド数を増やす

また、病院側のベッド数が足りないからと言って救急車を断わってしまい、たらい回しが発生することもあります。
ベッド数の管理は医師だけの責任ではもちろんありません。
病院自体がベッド数を増やすことも一つの解決法でしょう。

 

また、地域の病院と消防が病院の空きベッド数をいつでも共有できるようなシステムを導入することも解決に繋がります。
病院の空きベッド数が把握できれば、救急車は迷わずどこの病院に搬送すればいいのか判断できます。
こうすることで、救急車側が病院に電話して受け入れを要請したけれども満床で断られた、それが何件も重なった、などといった事態は防げるのです。

 

このように、救急車のたらい回しと一言に言っても、その問題には複数の原因が潜んでおり、簡単に解決できるものでもありません。
医師だけ、救急車だけが必死にこの問題に取り組んだとしても解決には至らないでしょう。
病院、消防、研修医と上級医を含めた医師、コメディカル、ソーシャルワーカー、市や区などの自治体、そして地域全体が協力することで、初めて救急車たらい回しの問題の解決につながることでしょう。
医師の皆様もぜひ、この問題を人ごとだと思わず、この機会に一度考えてみてください。
きっと、先生方一人一人にもできる何かがあるはずです。

 

そして今一度、自分やその家族がたらい回しにあったと想像してみてください。
同じ人間として医療を受ける権利は平等であるはずです。
ベッド数が足りないから診察、治療できないというのは悲しく、憤りすら感じませんか。
ここまで医療・医学が発展した日本だからこそ、この救急車たらい回しの問題だけを放置するわけにはいかないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、救急車のたらい回しという問題についてお話ししました。
この問題は21世紀になっても、まだまだ我が国の大きな医療問題の一つです。
たらい回しには様々な原因があり、解決に辿り着くためには様々な人の関わりが必要です。
医師の皆様の協力ももちろん必要です。
是非この機会に、このたらい回しの問題に一度向き合ってみてください。

救急車たらい回し問題について 医師転職サイトランキング

各サイトで非公開求人が違うので、2〜3社の併用をオススメしています。
各サイト共に利用は完全無料、登録作業は1分で完了します。
ご登録は無料!1分で完了します。
「医師転職ドットコム」先生の転職満足度94.7%、年収アップ率146.6%

医師転職ドットコムのおすすめポイント

50,000名以上の医師が選んだ転職サイト。

求人数は業界最大級の39,480件以上。

平均年収アップ率146.6%を実現。

満足度94.7%と納得の対応とサポート。

業界最大級の求人数と非公開求人情報!
医師転職ドットコムは、医療従事者の人材紹介派遣を行なっている株式会社メディウェルが運営しているサイトです。高待遇・好条件の求人を多数掲載しており、医師求人掲載数No. 1を獲得しています。また、コンサルタントが親身になって話を聞いてくれるので、転職しない選択をする人もいます。利用者からの評判も良く、転職そのものを考え始めた人にお勧めです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 39480件 10000件 24年

非公開求人1万件以上!


ご登録は無料!1分で完了します。
「マイナビDOCTOR」独占求人、非公開求人も紹介可能!

マイナビDOCTORのおすすめポイント

年収交渉、待遇交渉も医療機関と調整。

首都圏の求人数業界トップクラス。

独占求人、非公開求人も紹介可能。

産業医・クリニックの求人も充実。

プロのキャリアパートナーが、先生の転職・お仕事探しを徹底サポート!
マイナビDOCTORは、株式会社マイナビが提供する医師専門の求人紹介サービスです。この会社が運営している「マイナビ転職」は、転職サイトランキング2回連続総合1位に選ばれた実績を持っています。マイナビは、医師だけでなく、医療全般において多数のサービスを提供しており、国内トップレベルの取引実績があります。また、マイナビは一般企業向けの転職支援サービスも提供しているため、産業医の求人も紹介することができます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 5062件 17717件 47年

非公開求人も多数あります!


ご登録は無料!1分で完了します。
「エムスリーキャリア」88.7%が年収アップに成功!

エムスリーキャリアのおすすめポイント

エムスリーキャリア限定の非公開求人。

転職した医師の満足度96.1%と高い評価。

業界最高水準の条件交渉力。

88.7%が年収アップに成功。

エムスリーキャリア限定で紹介できる非公開求人は必見!
エムスリーキャリアエージェントは、医療従事者向け紹介事業の人材紹介とメディア力を兼ね備えたエムスリーキャリアが運営しているサイトです。医師会員が約25万人で、転職希望医師の登録実績が9年連続No. 1を獲得するなど、転職を考えている医師の皆さんからの支持率が高いサイトです。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20037件 多数あり 11年

限定非公開求人多数!


ご登録は無料!1分で完了します。
「リクルートドクターズキャリア」好条件の非公開求人1万件以上と多数!

リクルートドクターズキャリアのおすすめポイント

好条件の非公開求人1万件以上と多数。

常時2万件以上の求人情報を保有。

見学等の段取り、条件の交渉もお任せ。

医師転職をサポートして38年。医師の支持率83%!
リクルートドクターズキャリアは、医療系の転職支援や採用支援事業等を行なっているリクルートメディカルキャリアが運営しているサイトです。このサイトは、30年以上の実績をもっています。医師の皆さんで、このサイトを利用したいと答える人が全体の約83%もいるほど、信頼と実績で選ばれています。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 18739件 10000件 41年

簡単1分で登録完了!


ご登録は無料!1分で完了します。
「民間医局」全国に15拠点の安心サポート!

民間医局のおすすめポイント

全国に15拠点の安心サポート。

好条件の求人が多数。

当直なしの常勤求人が多数。

検診の求人情報も多数。

転職が初めての人にも、丁寧なサポートを!
民間医局は、1997年に創業、医師人材紹介企業の老舗として、転職から非常勤まで多くの先生の就職活動を支援しています。そして、皆さん一人一人の希望に合わせた「エージェントからの求人提案」を最大の特徴としているサイトです。全国に15拠点あり、このサイトに登録すると、必ずお会いしての面談があります。これがあることによって、お互いの信頼も深まり、より良い転職活動を行うことができます。転職が初めての人にも、安心できる丁寧なサポートを行なってくれます。
対応エリア 求人件数 非公開求人 運用年数
日本全国 20876件 多数あり 20年

ドクターズマガジンを無料でお届け!


≫医師転職ドットコムだけは面倒でもご登録を!(無料)


非公開求人1万件以上!

厚生労働大臣許可番号 01-ユ-010052

人気のコンテンツ

医師が転職成功するための秘訣とは?
転職サイトに登録すると、必ずコンサルタントがつきます。適切なタイミングで転職をしたいと考えているのであれば・・・

なぜ、医師の転職サイトは複数登録が必要なの?
転職サイトはたくさんあり、どれに登録すれば良いか迷ってしまいまが、決して一つに絞れば良いというわけではなく・・・

医師の転職サイト選び方のコツとは?
それぞれのサイトに強みがあります。アルバイト求人で有名だったり、非公開の好条件求人で有名であったり・・・

関連ページ

「医師の転職サイト」とは?先生の志を全うするために
転職には失敗したくない!医師の転職失敗例と対策
私失敗しないので!医師の転職を成功させるためには
医師転職の裏技!非公開求人でワンランク上の転職を
女性医師のための転職ガイド
女医のキャリア、結婚、出産、子育てと両立するには?
女性医師のための結婚ガイド!忙しくても美を保つ方法
女性医師の転職!保健所で働くという選択について
診療科 忙しさ ランキング|医師 QOLの高い科
専門医未取得でも転職は可能?
美容外科医という選択について
働き方改革が進む今だからこそ、産業医という選択を
医師の新しい働き方を可能にする病理医!勤務内容とは?
塀の中のお医者さんとは?矯正医官について
法医学者の仕事内容とその特徴について
医師の海外派遣〜国境なき医師団について〜
転職先にぴったり?麻酔科医として働くということ
臨床の限界を突破したい!〜臨床医から研究医へ〜
医師のアルバイトをご紹介!副業で収入アップ!
フリーランスドクターのメリットとデメリット
最近はフリーランス医が人気?〜仕事内容と転職方法〜
女性フリーランス医という選択肢について
医師の休暇事情について
今の医学生に人気の診療科と医師不足が深刻な診療科
インフルエンザの最新治療の特効薬「ゾフルーザ」
インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」の効果を徹底解説!
隠された情報を読みといて患者さんと円滑な対話を
実はあまり知られていない!病理医の仕事について